ゼニカルを服用することで脂肪を吸収せずに体外に排出してくれます。
そのために、太らない体を維持してくれるのですが、その分、ビタミンが不足し勝ちになるために、毎日の食生活の中で、ビタミン関連の食事を摂ることが重要。

他のページでマルチビタミンのお話をしましたが、このページではビタミンB郡の紹介をしたいと思います。

個人的にはビタミンBはかなり必要かと思います。

特に40代を超えると、膝など関節痛に悩まされる人が多くなると言われていますが、これはビタミンBが不足し勝ちになるからです。

そんな中で、ゼニカルを服用しているとより一層起こりやる炒めに十分に注意してからビタミンBを取りたいところです。

まず最初に紹介して起きたいのが、ビタミンB郡がたくさん含まれている食品です。

例えば、イチョウの葉エキスやサメの骨に含まれるコンドロイチン、鳥の軟骨に含まれるコラー源などに豊富に含まれていますね。

関節の痛みが起こることで、普段からの運動量が少なくなってしまいます。

運動が少なくなると、当然のように部屋に引きこもりがちになり、毎日のようにゼニカルを服用しても、脂肪が溜まってしまうことが予測されます。

言うまでもなく、そのままほおって於けば老化と肥満がセットで自分んお体を襲い勝ちになるために、十分な注意が必要。

いくつになっても軽い運動くらいは出来るように、筋力の衰えを防ぐために、ビタミンB郡やマルチビタミンが含まれているサプリを服用しても良いかもしれませんね。

後は、40代を超えて、中高年が進むと神経から筋肉への情報伝達の時間がかかるために、とっさの反応が遅れてしまい、これが転倒につながります。

少し先の話になるかもしれませんが、骨折しやすくなり、回復が遅くなります。

病院に入院をして、体を動かすことができないために一日中ベットの上で、ボーっとするために、そこからうつ病や認知症が起こることもわかっています。

っと、かなり先の話をしたわけなんですが、それだけ関節や骨をヘナヘナにすることは怖いために、毎日シッカリとした食事を行うこと、もし無理ならビタミンBやマルチビタミンのサプリがおすすめです。