半年ほど体重が減らないことに悩んでいました。
確かに、汗を流すほどの運動したり、食事量を減らせばある程度の体重を減らすことは出来ると思います。

ただ、毎日のように続けるのは簡単ではありません。
国内のダイエットサプリを内服していましたが、ほとんど効き目がありませんでした。

そこで利用したのがダイエット医薬品ゼニカルです。

さすがというか、世界的にも許可されているために効き目が高いです。

ゼニカルは、美容クリニックで購入することはできますが、インターネットの通販でも簡単で、なおかつ価格を安くして購入することができます。

ゼニカルの詳細、購入についてコチラまで>>

 

私がゼニカルを使う理由

とても高い効果を発揮してくれるのがゼニカルです。

これはさすがに凄いですね。
まわりの評価どおりです。

もともと私は脂肪や体重に気にしていなかったんですが、20代半ばを過ぎたあたりから、まわりの友達に指摘されるようになり、意識するようになりました。

一番太った時で63キロまでいきました!


その時は自分で太っている自覚はなく、周りの人に指摘されて初めてダイエットを決意した次第です。

さきほど少し話したように、何種類化のサプリを試してみたり、あとは運動や色々なダイエット法を試していました。

若干痩せたり、維持したりを繰り返し、結局は半年でダンネン、、、。

なんというか、体を動かすことは、けっして嫌いではありません。

仕事帰りに軽いウォキングはストレス解消にもつながると思います。

だけど、毎日は少しきついし、

なによりも問題が食事管理です。
どうしても好きなものをポリポリと食べてしまうわけなんです。特に私が好きなのが鶏の唐揚げ。


これだけは我慢できませんから、、。

そのために、すぐ元に戻ってしまい、体重がそのまま減らない状態になっていました。
(むしろダイエットを始める前よりも増えていました。)

そんな時にネットで見つけたのがこちらゼニカルです。

私がゼニカルを決めた理由はこの3つ。

ゼニカルを決めた理由

・脂肪をカットする作用
・医薬品が効果を認証していること
・価格の安さ(激安)

一般的な国内ダイエット医薬品

一般的にダイエット医薬品やサプリメントの作用は基本的に食欲抑制タイプが多いです。

例えば、日本で許可されている肥満役のマジンドールは食欲を抑制する働きがあるとされています。

私が利用していたサプリも、食欲を満腹にさせて、食事の量を減らすという作用をうたっていました。

実際に服用を始めた最初の頃は食欲を抑える働きを感じていました。

脳が満腹を感じていたと思います。
しかし、長期間つづくことはなく、効き目が薄く、次第に服用しても満腹感がなくなっていました。

食欲抑制の効果が薄くなると、当然のように食欲が強くなります。

目の前に好きな食べ物やお菓子があれば、当然のように食べてしまいカロリーコントロールが難しくなります。

脂肪をカットするゼニカルの効果

一方、ゼニカルの効果は食欲抑制ではなく、「食べても脂肪を吸収しない(しづらい)ことです」。

我慢せずに、好きな食物やお菓子を食べても太りにくいということになります。

なぜか?
簡単に説明をすると、ゼニカルの作用としリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きを抑えるからです。

ピザやケーキなどの乳製品、それからお肉などの脂肪を食べても、大腸で分解や吸収せず、約30%もの脂肪分を体外に排出してくれます。

ゼニカルの効果

・脂肪の消化酵素だけに作用する
・他の栄養素は問題ない
・今までと食事量を変えずにカロリーセーブ

「えっ?ゼニカルさんは30%しか脂肪をカットしてくれないの?」
っと、思う人がいるかもしれません。

私も最初は思っていたんです。
けっこう脂肪30%は大きな数字なんですね。

たとえば、私の大好きな牛肉のバラ肉で計算をして見ると。

牛肉バラ肉100gあたり、約43gの脂肪が含まれています。

脂質1gでカロリーは約9kcalですので、牛肉バラ肉を食べると約387kcalを吸収することになります。

ここで脂肪分30%カットすると、約116kcalもカロリーセーブ出来る計算になります。

つまり、このような計算になります。

  • 387kcal × 0.3% = 116.1kcal

これはどういうことかというと、体重63kgの私の場合だと、毎日牛肉一枚分のカロリーセーブをしてくれます。

1日1回の運動だとをするのは困難なことだと思います。

運動で約100~120カロリーを解消する場合
・ジョギング15~20分間
・ウォーキング=25~30分間
・自転車に乗る (ゆっく)=25~30分間
・ストレッチ =45~50分間

ゼニカル1錠で、その運動に匹敵するカロリーを排除してくれるわけです。

 

国の医薬品が認証していること

それからもう一つのポイントとしては医薬品として認証されていることです。

ただし、我が日本では現在のところ未許可です。
欧米諸国をはじめ世界17か国で許可され、臨床試験などで認められています。

それだったらということで、私もゼニカルの購入を検討することにしました。

どこでゼニカルを購入するか?

最初に私が購入する場所を考えたのが「美容クリニック、病院」です。

現在のところ、病院でメディカルダイエットが取り入れられています。

メディカルダイエットとは、「脂肪吸収抑制剤、食欲抑制剤、糖質吸収抑制剤」などの医薬品痩せ薬を取り入れたダイエット方法です。

このメディカルダイエットの基準として、一般的にはBMIと呼ばれる肥満体質を測り、施術を受けるなどの判断が行われます。
http://bmi.nobody.jp/

女性の適正体脂肪率の目安
~19.9% 痩せ
20~24.9% 適正
25~29.9% 軽い肥満
30%~ 肥満

基本的に、メディカルダイエットはBMI数値の25以上に適用されます。

つまり、軽い肥満症や高度肥満症患者に対してのみにゼニカルや他のダイエット医薬品が処方されるということになります。

病院やクリニックでは、ほとんどの場合、ゼニカルが減量補助薬として使われます。

メディカルダイエットで、医師の指導のもと行えば、安全性も高く、減量効果の確率も高くなると思えます。

しかし、ここで問題になるのが価格が予想以上に高いことです。
ゼニカルの処方価格は、8,000~19,000円の間でかなりのバラつきです。

1箱(42カプセル入)を1カプセルあたりに換算すると、190~450円が、ゼニカルの処方単価となります。

なぜこのようなことが起こるのかというと、保険が適用されていないからです。

そのために、処方する病院や美容クリニックがある程度は自由に薬価を指定することが出来るために、価格のバラつきが起こり、高い現状が起こります。

しかし、それにしても私の中では薬価があまりにも高すぎます。
もっと安い(激安)、価格はないのか?

そこでインターネットの検索で探している時に見つけたのが個人輸入代行サイトです。

ゼニカルを買うには個人輸入輸入代行サイト

先ほどもお話したようにゼニカルは国内の厚生労働省では未認可です。

そのためにドラックストアーやネットで買うことはできませんが、海外では購入できます。

例えば、アメリカではFDA(米国食品医薬品局)から許可が降りているために、ドラックストアーで販売しています。

そこで個人輸入を利用します。

日本で承認されていない医薬品であっても、薬事法では個人の使用に限り個人輸入で購入する事が可能です。

「でも、海外の医薬品をネットで購入するのは難しいのでは?」
私も最初は思ったのですが、通販と変わりありません。

医薬品である商品を購入し日本へ発送してくれる個人輸入輸入代行会社を利用することで、アマゾンや楽天のネット通販ショップ間隔で注文ができます。

個人輸入代行サイトの選び方

個人輸入代行サイトにも種類がたくさんあります。
私が見るかぎり8~10種類ほどあり、ゼニカルは同じですが、薬価に差があります。

ゼニカル 成分オルリスタット 120mg 1箱42錠
個人輸入代行サイト
アイドラッグマート 4750円~
オオサカ堂 5477円~
お薬宅配便 8980円~
ベストケンコー 8280円~

個人輸入代行サイトの中で、私が選んだのがオオサカ堂です。

ゼニカルの薬が安いのは当然ですが、他に2つの理由があります。

オオサカ堂を選んだ理由は2つ
・正規品
・口コミの信用性が高い

ゼニカルの正規品を販売しているか?

「えっ?薬が正規品、本物って当たり前でしょ?」っと、考えている人も多いかと思います。
しかし、実際は、ゼニカルを通販で購入する場合、実物を確認できないため、それが正規品かどうかということに不安をどうしても私は感じます。

あくまでもネット情報ですが、個人輸入で仕入れる医薬品全体の2~3割程度が偽物であると言われています。
(価格の高い薬ほど偽物が多いとのこと)

そのような話や記事を見るとより不安が高まります。
不安を抱えた中で、ゼニカルを注文し、体内に服用することはかなり抵抗があります。

そんな不安を吹き飛ばしてくれるのがオオサカ堂です。
価格が安いのはもちろんなんですが、こちらは正規品を販売してるんですね。

海外で製造・販売しているゼニカルを、専門機関の成分鑑定を受けて「合格」とわかった薬を仕入れているとのことです。

薬なんだから当然といえば当然なんですが、他の個人輸入代行サイトを覗いて見ると、鑑定を表示していないところが多い。

ようするに、薬を検査していないということになるのではないか。

やはり、検査をして、「これは正規品だ!」と表示しているところじゃないと、安心して購入することはできない。

日本の病院で処方箋が適用された薬ならまだしも、海外の薬を通販で購入する場合は、慎重に選ばなくてはいけません。

 

ゼニカルを利用した人たちの体験談やコメント

それからもう一点が利用者の口コミです。
ある意味では私の中では購入をする決め手になったと思います。

つまり、そのサイトで購入した人たちのコメントを拝見することできます。

アマゾンや楽天のコメントと同じだと思います。

ただし、コメントでも嘘クサイにおいがする記事を拝見する通販サイトもありますが、私が見る限りでは、個人輸入代行サイトのオオサカ堂のコメントは真実味があります。

っというのも、ゼニカルの効果などの良いコメントばかりが記載されているわけではありません。

コメント
・服用しても効き目がない
・副作用が多かった
・下痢ピーピーの話い

ゼニカルでは500件以上の体験談を拝見することができ、これが凄くリアルです。

あくまでも私の考えになりますが、信頼性が期待できると思い、ゼニカルの購入を決断しました。

もし購入を迷っている人がいたら、一度コメントを拝見するのも良いかもしれませんね。

ゼニカルの詳細、購入についてコチラまで>>